Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の抜け毛

最近、髪の毛が細くなる、抜け毛が多いなどの
薄毛に悩む若い女性が増加していうようです。

◆大阪で評判のマッサージの店舗
評判の出張マッサージ 淀川区周辺で利用できます

その原因は、いくつか考えられますが、
シャンプーのし過ぎや、ドライヤーのやり過ぎなどの
過剰なケアや、パーマやカラーによって
地肌を痛めているケースが多いようです。

◆使ってみよう癒しのマッサージ情報サイト
出張マッサージの情報サイト 神戸市須磨区

必要以上に、パーマやヘアカラーをすると
髪を傷める原因になってしまいます。

また不規則な生活習慣や、無理なダイエット、
偏った食事をすると、ストレスで髪に
ダメージを与えてしまうことがあります。
スポンサーサイト

膀胱炎を検査する3つの方法

これまで、膀胱炎に症状などを解説しましたが、
まず、症状の疑いがある場合は、病院で診察を受けてください。

多くの場合、問診の段階である程度、病気の有無がわかります。
その後、詳しい検査に入るのですが、一般的な検査方法として「尿検査」が挙げられます。
尿検査と一口に言いましても、「尿沈査」や「試験紙検査」
「尿の中の細菌検査」など、方法は多岐にわたります。

では、それぞれの検査について解説していきましょう。

★尿沈査
採取した尿を遠心分離機と呼ばれる機械にかけ、各成分を分離させます。
各成分を分離させることにより、最近など異常な成分が含まれていないかを確認する方法です。

人の尿には、膀胱や腎臓などの健康状態を知ることが出来る様々な成分が含まれています。
上記の遠心分離による検査で、それらの成分が浮遊、凝固するので、より調べやすくなるのです。

★試験紙検査
中学生くらいのときに理科の授業で「リトマス試験紙」というものを使った覚えはないでしょうか?
青い試験紙を酸性の溶液に浸せば、赤くなるといったアレです。

「試験紙検査」とはそれとほぼ同様の検査です。
試験紙を同じく採尿した尿に浸し、その色の変化の有無、種類で状態を調べます。

ここでリトマス試験紙と異なるのは、潜血(微量の出血)や
糖分、タンパクやケトン体(アミノ酸や脂肪酸の不完全代謝物)などに反応するという事です。

★尿細菌検査
呼んで字のごとく「尿」の中の「細菌」を検査します。
「病気の原因となる」もしくは「なり得る」可能性のある細菌の存在の確認および特定を行い。
治療効果のある、抗生物質の特定まで行う、上記の2つ検査とはやや性格・正確性ともに異なる検査です。

具体的には細菌が見つかった場合に限りますが、
尿より採取した細菌を培養し、その広がり方や、抗生物質を投与する事での反応などを観察します。
よく見る実験風景のような検査ですね。

より高度な専門知識を必要とし、
当然ながら、上記の2つ検査よりも日にちを要する検査方法です。


また、検査とはやや趣が異なりますが、
膀胱炎の症状や進行度合いによっては、膀胱内に造影剤と呼ばれる薬剤を入れ、
排尿時の様子を観測し、膀胱及び尿道に異常がないかといった事を調べる場合もあります。
※滅多にないケースですが・・・


今回は膀胱炎に関する3つの検査方法を
ご紹介しましたが、全ての検査に付き物なのが「採尿」です。

この「採尿」時の注意点としては、所謂、「中間尿」を採取すると言う事。

あまり耳なじみのない言葉かもしれませんが、
「中間尿」というのは、出始めてから、少し経過した地点の「尿」を指します。
出始め場合は、人間が本来持っている「細菌」や「白血球」などが混ざりやすく、
それに反応する形で、誤って「膀胱炎」と診断してしまう可能性があります。

採尿をする場合は必ず「中間尿」を採るようにしましょう。


[PR]
膀胱炎予防にはマッサージ
アロママッサージ 大阪
リンパマッサージ

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

膀胱炎の原因

膀胱炎は男女ともに発症する病気ですが、その割合は女性が圧倒的に多いと言われています。
それは女性の身体のメカニズムや、疲れや身体の冷えなどが関係しています。

まず、女性の場合は男性に比べると、「尿道」が約5cm程度という長さです。
これは男性の約3分の1程の長さで、細菌からすれば比較的、膀胱に容易に到達することが出来るのです。

また、原因となる細菌の種類として最多は便の中にいる大腸菌であり、女性は尿道口が男性よりも肛門に近い位置にあるのも手伝い、より一層、膀胱に入る可能性が高くなります。

人間は元々、膀胱の粘膜部分に対細菌防御力を有しており、細菌が膀胱に入ったとしても、すぐには発症しません。

しかし、尿意を長い時間、ガマンすると膀胱が伸びきり、「冷え」の状態が長時間に及ぶと、膀胱の中の血液の量が減少し、上記の防御機構が弱まります。

すると細菌は、たちまち繁殖して膀胱炎にかかりやすくなります。
また、疲れやストレスにより、免疫力が低下することでも、発症のリスクが高まります。

一般に更年期の女性に多く見られると言われていますが、
理由の一つとして、ホルモンが少なくなることによって、膀胱の粘膜が以前より薄くなり粘膜の下にある組織が出血しやすい状態になる為といわれています。

年齢とともにリスクが高まりやすくなるので、
定期的な検診を受けることが大切です。



[PR]
東京 出張マッサージ
マッサージ 目黒

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

膀胱炎の疑いがある症状

膀胱炎とは、人間の臓器の一つである「膀胱」の粘膜部分が炎症を起こす病気です。
ご存知の方も多いと思いますが、尿をためる為の臓器です。
この病気の主な原因は大体は細菌によるもので、
特徴として挙げられる症状は、トイレにいく回数が多くなる(頻尿)です。

こんな症状があるときは膀胱炎の疑いがあります。

★トイレへ行く回数が多くなる
★残尿感 - 何度もトイレにいったのに、尿が残っている感覚がある
★トイレに行った際に、痛みを伴う

こういった時は、内科もしくは泌尿器科を受診する事をオススメします。

また、症状によっては、尿に血が混じる、白く濁っているといった場合もあります。
「熱が出る」といった話もよく耳にしますが、膀胱炎の場合は
発熱といった症状はあまり例がなく、それは別の病気の可能性があります。

殆どの場合は「急性」として発症しますが、そこから慢性化する場合も多くあります。

急性膀胱炎と比べると症状自体はそれほど強烈なものではありませんが、
白い浮遊物が尿に混じる事もあり、また、残尿感を長く感じるのでスッキリせず、
気持ちが晴れない日が続きます。

身に覚えのある場合は、慢性化する前にお早めに病院に行ってください。

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

«  | ホーム |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

takamickjagar

Author:takamickjagar
健康でいるための基礎知識をご紹介するブログです。
あなたの何かに役立てば、幸いです。
それでは、ごゆっくり。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

オススメ健康リンク集

検索フォーム

 

 

ブログパーツ

 

  • SEO
  • loading
  • マゾヒスティック・ケンコウショウ
  • ブログパーツ
フィードメーター - ケンコー・ミチシルベ

 

RSSリンクの表示

初音ミク 名曲メドレー

 



presented by 初音ミク オリジナル

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。