Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺炎について

肺炎とは肺に炎症が起こった状態のことで、さまざまな病原菌の感染によって起こります。
体力が落ちているときや、高齢になって免疫力が弱くなるとかかりやすくなると言われています。

肺炎の原因となる細菌やウイルスは、鼻や口から身体の中に侵入します。
健康な人は、のどで病原菌を排除することができますが、風邪などでのどに炎症が起こっていると、病原菌が肺に入ってしまい、炎症をおこします。
マッサージ 心斎橋で身体ケア

日本では、年間約8万人もの人が肺炎により死亡しています。
その死亡率は、全死因のうち、8.6%になります。
死因順位は、過去20年間において第4位を占めています。
日本一の出張マッサージ 東京
スポンサーサイト

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

風邪について

万病のもとといわれている風邪には、普通の風邪(普通感冒)とインフルエンザ(流行性感冒)の2種類に分けられます。
ひきはじめの症状としては、どちらも同じとなり、せきや鼻づまり、悪寒や頭痛などの不快な症状が確認されるようになります。

また、普通の風邪に比べると、インフルエンザはとても治りにくくなっていて、肺炎や気管支炎などが重なって起こりやすく、39度以上の高熱、頭痛、筋肉痛や関節痛など、全身にわたって症状が現れてきます。

毎年インフルエンザが流行していますが、乳幼児から高齢者まで幅広くたくさんの人を巻き込んで、死亡者も出ているのです。
抵抗力の弱い高齢者が、死亡率も高くなっている傾向が見られます。
風邪をひいた時は、油断せず早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

流行のインフルエンザ

今年もインフルエンザが流行ってきています。

2011年のインフルエンザの症状は、普通の風邪と似ているところがあるようです。
しかし、風邪と比べてみると急速に症状が進行し、それにともない症状も激しくなっていきます。

まず高熱、悪寒や強い頭痛、さらに全身の倦怠感や筋肉痛などの諸症状が確認されています。
そして、のどの痛み、鼻水、鼻づまりなどのような気道系の症状がみられ、場合によっては腹痛や下痢などの胃腸系の症状も伴うことがあるようです。

感染しやすいとされているのは、大人より子供の方とされ、高齢者の場合だと感染そのものは相対的に起こりにくくなっているそうです。
しかし、インフルエンザにかかってしまった後では、症状は高齢者の方が重くなっている傾向が見られています。

2011年のインフルエンザには、発症するまでに短い潜伏期間があるとされています。
誰かに感染させる可能性をもっているのは、発症する前日から症状が軽減してきた後の2日までの間とされているようです。

自分が感染しないように注意することももちろん重要です。
自分が感染していなければ誰かに移すことがないので、人から人へ感染する拡大を予防できるという意味でも、とても大事なこととなります。

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

肩こり、腰痛

日本人にとって、肩こり腰痛はお馴染みの症状です。
日本人が訴える自覚症状のなかでも、男性は腰痛が1位に、女性は肩こりが1位を占めているほどです。

これらの原因は、ほとんどが日常生活での習慣や仕事、環境などの影響と考えられます。
一般的な肩こり、腰痛は、長時間同じ姿勢のまま仕事などを続けていると、身体を支えるため首の後ろ側や肩の周辺、腰周りの筋肉が常に緊張した状態になり、筋肉の運動が制限されて血行が悪くなることなどで起こります。

しかし、眼精疲労・めまい・耳鳴り・胸部痛・背部痛・動悸・しびれ・筋力低下・歩行障害などがみられる場合や、内臓や循環器系の病気などが潜んでいる場合もあります。まだ痛みを感じない人でも今後症状が出てくる可能性があります。症状を悪化、発症させない日々の生活習慣と早めのケアが大切なのです。

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

ダイエットの時の食事方法

ダイエット時の食事はどうすればよいのでしょうか。

ダイエットに向いている食べ物は数多く販売されているので、
それらを活用するのも一つの方法です。

だけど、
食事は規則正しく3食摂ることが健康にいいので、
あまり規制し過ぎるといいことはありません。

ダイエットのためにと、食事を1食抜いても、
あとの2回の食事でカロリーオーバーなんてことよくある話です。

朝の食事はダイエットのためにしないという人も多いと思いますが、
それはカロリーを溜め込みやすい身体になってしまって、実は逆効果なのです。

空腹に絶え、食事を抜いていることは
一見するとダイエット効果があるように思われがちですが、
揺り返しがきて食べ過ぎたり
リバウンドが起きる可能性が高くなるのでやめた方がいいでしょう。

効果的といえるダイエットの基本とは
1日3回の食事をキッチリ取り、間食はしないようにしましょう。
市販されているダイエット食は、
1日3回の食事のうちに、1食をダイエット食に置き換えるなど、
工夫して利用してみると、ダイエット効果がアップしますよ。

«  | ホーム |  »

2011-01

プロフィール

 

takamickjagar

Author:takamickjagar
健康でいるための基礎知識をご紹介するブログです。
あなたの何かに役立てば、幸いです。
それでは、ごゆっくり。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

オススメ健康リンク集

検索フォーム

 

 

ブログパーツ

 

  • SEO
  • loading
  • マゾヒスティック・ケンコウショウ
  • ブログパーツ
フィードメーター - ケンコー・ミチシルベ

 

RSSリンクの表示

初音ミク 名曲メドレー

 



presented by 初音ミク オリジナル

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。