Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康保険法の概要と日本の現実

『健康保険法』とは、皆さんに生活を支える「社会保険」の一つであり、
健康保険に関して規定されている日本の法律です。

健康保険法で規定されている健康保険とは、会社員などが被保険者となります。
※「被保険者」とは、保険の対象となる(保険の恩恵を受ける)人のことです。

この法律により、被保険者である、会社員の方が
ケガや病気で病院に行った場合、治療費の3割分をを負担するだけで全額を支払う事がなくなります。

また、全体治療費の費用が高額となる場合には、「高額療養費」が適用され、
規定の金額を超えた治療費については健康保険から支給となります。

治療の間に、会社や事業所などを休業とした場合には、
「傷病手当金」等が健康保険より支給されます。
ごく僅かな一部の人を除き、健康保険法の被保険者は、
同時に厚生年金保険法の規定する被保険者となっています。

ちなみに、会社員等ではなく、個人事業主・自営業者の方が加入する国民健康保険は、
健康保険法ではなく「国民健康保険法」により規定されているのです。

健康保険の場合、その保険料は、会社等の事業主と従業員(被保険者)が折半して支払います。
給料から天引きされるケースが殆どですが、それと同時に会社も保険料を支払っているのです。

また、健康保険法というものは、業務外で発生する
負傷や疾病、出産から死亡に関しての給付を行うことが目的で制定されたものです。
仕事中の災害や通勤時の事故などを対象にするのは、
「労働者災害補償保険」、いわゆる「労災」というものです。

最後に意外と知られていないのですが、
健康保険法における保険者(保険料を払う先/被保険者の反意語)は、
健康保険組合(民営法人)と日本国政府という2つの組織なのです。

最近では「無保険児童」などと言葉も飛び交い、
その数は、全国で3万以上に上るといわれています。

不況により、健康保険・国民保険に加入することが
出来ないといった方も多くいらっしゃるという話ですが、ケガや病気は突然やってきます。

皆が笑って、健康に暮らせる世の中であって欲しいものですね。

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

takamickjagar

Author:takamickjagar
健康でいるための基礎知識をご紹介するブログです。
あなたの何かに役立てば、幸いです。
それでは、ごゆっくり。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

オススメ健康リンク集

検索フォーム

 

 

ブログパーツ

 

  • SEO
  • loading
  • マゾヒスティック・ケンコウショウ
  • ブログパーツ
フィードメーター - ケンコー・ミチシルベ

 

RSSリンクの表示

初音ミク 名曲メドレー

 



presented by 初音ミク オリジナル

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。